6/23 fri. 夏季府職連交渉☆速報の速報☆

June 26, 2017

 6月23日、京都府庁福利厚生センター検診ホールにて、夏季府職連交渉が行われました。府庁の職員さんほか、教育職も含めて、京都府に雇われているすべての職種について、合同で行われる交渉です。この交渉では毎年、今年の府職員の一時金の支給割合について、昨年12月の交渉を受けての数字が提示されます。

 交渉の内容についてくわしくは、追って速報文書(pdf)をアップしますので、しばしお待ちください。

 

 

 府庁職員さんから、「働き方改革で20時完全退庁になってから、20時以降すべてサービス残業になった」という身に迫った発言がなされ、形だけ書類だけ整えればよいのではなく現場の隅々まで実際に見て把握しなければ働き方改革は成しえないという「本気と決意」をもって「働き方改革」に取り組んでいるのかを管理部長に問う、という白熱した一場面もありました…。

 

 市町教組のほうでも、管理部と現場の認識の違いについて、指摘がなされました。出退勤時間調査もストレスチェックも、この間、府のほうでは動きがあるようだが、市町(しまち)のほうでは全く動きがないところも少なくない。市町の交渉では、法律においても「努力義務に過ぎない」ということで、具体的になにもしないことを肯定する姿勢が見られる。この場で管理部がいくら「市町にも指導を徹底しています」などということを言っていても、現実はどうか。ということで、厳しく意見する場面がありました。

府職労「・・・このことについて、どうお考えか?!」

管理部長「えーそれにつきましてはですねー・・・」

(定型句)

 管理部長「・・・ですから何度も申し上げておりますように、府は国に準じて行っておりまして・・・」

(定型句)

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Tel.075-751-1645  Fax.075-752-2988  〒606-8101京都府京都市左京区聖護院川原町4-13  京都府教育会館2F

Mail (迷惑メール対策のため@を省略しています。☆のところに@を入れてください。)  honbu☆kyoto-fuko.com

※下の「Contact us」のフォームからもメッセージを送信できます。   

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now